FC2ブログ

熊本県本部強化練習会(組手)

6月19日(日)大津総合体育館で組手の強化練習会が開催されました。今九州は梅雨真っ只中、でも前回より参加者が増えて150名程、体育館の中はみんなの熱気と、先生方の指導の声で活気溢れる練習会でした。
次回は7月24日(日)合志市のビーブルで開催予定です。
熊本県本部長豊留先生の挨拶
P6190143.jpg
開会式の中で、日本千唐会審判部長宮崎不二男から   P6190148.jpg

「上段突き・蹴り判定の変更」について確認がありました。
その内容は、組手試合規定7ページにある、
第6条得点2「一本の基準」(6)正確な距離は、
今後第6条5「(2)顔面部(の表面)」とし、
相手選手に与えるダメージが大きい突き・蹴りは反則とする」
ということです。そのようにコントロールされた技を
審判は1本とみなすことになります。
以後、選手・審判の皆様共通理解をよろしくお願いします。
とのことです。
P6190150.jpg
P6190156.jpg
P6190162.jpg
P6190175.jpg
参加者と指導の先生方

練習会を終えて・・・・・・第2回空手練習会の成果について

平成23年6月19日(日)大津町総合体育館(サブアリーナ)において、熊本県本部主催の第2回の空手道の練習会が開催されました。
本部長挨拶の中で、今回の練習会のスローガンは「努力に勝る天才なし」いまを努力しよう、努力が基本であり「継続は力なり」、また「がんばろう日本!」「熊本から元気を送ろう」東日本の被災地の復興に向けて願いを込めながら、拳立の腕立て伏せを自ら手本を見せて実施しながら、号令をかけて練習会を開始した。
特に空手ビクスに於いては、熱が入り各リズムビクスをしながら試合時間の1分30秒の時間を体で体得してほしいと、時間との戦いであったような・・・??
前回の練習会を上回り指導者30人・参加者は約150人、小学1年生から一般まで、それぞれの各グループ毎に別れ、それぞれの指導者のもとでレベルにあった指導がなされ、参加した練習生の技量にステップアップが見られた。技の手本を披露し実践させ褒めながら、練習生の反応を感じながらの指導でした。
練習会ごとにメニューをステップアップして、空手を好きになってもらい、練習に参加し汗を流して満足感・喜びを得て・強さと優しさを備えることが一番と、本部長の心情を察する機会に恵まれ、千唐流空手道魂「力必達」に対する強い意気込みが伝わってきました。 (安部総務部長談)

次回の練習会は7月24日(日)9時から合志市体育館ビーブルです。
いろんな選手に出会える良い機会です・・・・・。レッツ・ゴー・チャレンジ!!

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

携帯用千唐流ブログ

携帯電話からもご覧になれます。
各種携帯からも千唐流ブログをご覧になれます。携帯でご覧になるには、上記QRコードをご利用下さい。

各種携帯からも千唐流ブログをご覧になれます。携帯でご覧になるには、上記QRコードをご利用下さい。
千唐流ブログ
総本部事務局から多彩な情報をお届けします。

総本部事務局

Author:総本部事務局
総本部事務局から多彩な情報をお届けします。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
来訪者
2010年4月11日カウント開始
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
オンライン中
現在の閲覧者数: