スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗家杯~ラストです~

笑顔2

4月から担当しましたこのブログもようやく最後のページになりました。
当初、宗家杯の総合プロデューサーとして、大会に役立つことは何でもやってやれってことでスタートしました。
ちゃんと最後まで書き続けられるか?なんて考えたこともありますが、自分で決めた期限をオーバーしても書いてしまいました。

宗家杯には全力で取り組ませていただきました。おかげでいい夏の思い出ができました。
海外からも参加する大きなイベントでしたから、途中色々なことがありました。今となれば笑い話ですが、「もう、辞めた(`ヘ´)」ってこともあったんです。それでも最後まで走り続けることができたのは、協力いただいたスタッフのみなさんと特に玉城会長、箕輪先生の頑張る姿、宗家先生の励ましがあったからです。

宗家杯に関わるうえで自分独自のテーマを決めていました。
「参加した子供たちに感動を与えることが俺の使命だ」って思っていました。動きながらいつもそう思っていました。その思いがなければ6月に開業したお店とは並行して頑張り通せなかったでしょう。

ある時その思いを突き詰めてみると、カナダのロバート先生に行き当たりました。私にとっての「宗家杯」の原点は、20年前、バンクーバーで開催された大会に参加したときに受けた感動にあります。
初めての海外、ホームステイ、カナダの兄として面倒みてくれたロバート先生とその仲間のおもてなし。
彼等から得た最大の財産は「見返りを期待しない優しさ」でした。
その後ずっと今でも影響受けている教えです。

私は、20年前に受けた恩を返したくって必死に宗家杯の成功を目指したんだなぁって思いました。彼の生徒を感動させたかったし、日本人は優しいって思って欲しかったんです。

rob.jpg

でも、彼は恩返しなんか期待してなくって今回もまたたくさんの優しさを生徒と一緒に私にくれて、カナダに帰っていきました。

人生における人との係わり方を考えれば、空手もその一手段にすぎません。しかし、空手によってそれを掘り下げるなら、空手の価値も重みを増すでしょう。

4か月半、お付き合いいただきましてありがとうございました。

最後に、このブログを通じて私が伝えたかったこと。
それは『人が人を想う心の大切さ』です。
そして後輩たちよ、強くなれ!強くなれ!強くなれ!
                                     
仲村                                 
                                    

コメントの投稿

非公開コメント

「優しさは最大の強さ」
私の格言です。そう育って欲しいと、これを胸に子どもたちとも向き合っています。

今回の大会で、仲村先生から強い優しさを感じました。それは、言葉や表情等だけでなく、きついことをも自分で抱えて処理したり…表面だけでない、内なる優しさ。私のテーマは間違いじゃないって再認識させていただきました。人を想える気持ちは強さではないかと思います。

本来、自分の思いを人に話すのは得意ではないのですが、少しだけお話させて下さい。

大会開催前を思い出すと、今でも涙が出ます。父が心配で仕方なかった…。取り立てて言うのも至らぬ事ですが、あの頃の父は、まるでひとつの執念だけで突き動かされているだけのカラッカラの体で、何も出来ない私はもどかしくて、最大限の自分をコートで表現することで父に力を送りたい、その一心でやってきました。
そんな父を見ていましたので、余計、私が子どもの頃から知っている仲村先生の体調も心配でした(^_^;)

ここで家族愛を語るつもりはありませんが、そうなっていたらすみません…。
気がつかない所、目に見えない所でも、色んな方の思いやりやご尽力があったことは間違いなく、そんな、もっともっと影に隠れていた方への感謝も忘れないようにしたいです。
武道家として,いち人間としての成長を、本大会を通じて少しは成し得たかなと思える一人の参加者として、仲村先生、先生方、関係の皆様、共に切磋琢磨できた選手の皆様にお礼を言わせて下さい。
心から、ありがとうございました。

きっとまた、素敵な事が待っていますよね♪

結局、最終回での初コメントになってしまいました。すみませーん!

日本男児

 宗家杯、本当にご苦労様でした。 総合プロデューサーという重責を担って、ず~っと寝る間も惜しんで付き進んでいた仲村さんの姿を応援しながらもやはりブッ倒れるのではないかとも心配していましたが、素晴らしい大会、またその背景があり、本当にご苦労様でした。

 途中で、「大丈夫ですか?あまり無理しすぎるとぶっ倒れますよ」っと声をかけた時に、「自分がどこまでやれるか?限界まで精一杯やりたいんですよ」「それに自分が恩を受けている方々や後輩のために精一杯の恩返しやもてなしをしたいんです」といっていた仲村さんを思い出します。

 心配しながらも、久々に見た日本男児にうれしく思いました。 恩を忘れない、後の誰かのために、仲間のために、これはもちろん空手道には無くてはならない事かもしれませんが、私は人として、せめて日本人には持っていてほしいものだと思います。

 久しぶりに本来の日本男児を見せてもらいました。 ありがとう!

大変お疲れ様でした

宗家杯が成功しておめでとうございます。
どなたかが書いていましたが、「表方から裏方まで」全てを引き受けられた仲村師範に感謝いたします。
ブログを拝見しながら宗家杯に参加をした私は、準備活動の臨場感、時間とともに大会が実現していく過程を実感してきました。
ブログ(苦労)の偉大さを知りました。
ブログや多くのコメントの中で語られたように、「おもてなしの心」「侍魂」「心の交流」「後輩に感動を」等々、千唐流の同志としての触れ合いがあちらこちらで実現していました。
大会総合プロデューサー仲村師範の創意的な企画、実践が功を奏したと思います。
睡眠時間2~3時間の続く毎日で、眼球出血もあったことを聞きました。玉城会長も痩せられ、事務局スタッフの箕輪師範も疲労で倒れられたとのこと。
役員と各業務担当者それぞれが身を粉にして奮闘している様子が分かりました。お陰で無事終了したのでしょう。
どのような行事でも反省点はあるもので、成功しながらも、改め、努力していくべき点は会員全員の役目としたあります。力をあわせてやりましょう。
皆さんに心からお疲れ様と申し上げます。

月別アーカイブ

ブログ内検索

携帯用千唐流ブログ

携帯電話からもご覧になれます。
各種携帯からも千唐流ブログをご覧になれます。携帯でご覧になるには、上記QRコードをご利用下さい。

各種携帯からも千唐流ブログをご覧になれます。携帯でご覧になるには、上記QRコードをご利用下さい。
千唐流ブログ
総本部事務局から多彩な情報をお届けします。

総本部事務局

Author:総本部事務局
総本部事務局から多彩な情報をお届けします。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
来訪者
2010年4月11日カウント開始
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
オンライン中
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。