スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第39回栃木県大会開催

第39回栃木県千唐会空手道選手権大会が7月15日(日)午前9時より高根沢町農業者トレーニングセンターにて開催されました。大変暑い中栃木県内はもちろん東京・千葉からと総勢158名の選手の参加があり盛大に大会となりました。例年中学生から一般選手の参加が少ないのですが、今回は中学生・大学生が多く出場していただき、大変盛り上がりました。大会は、学年別形試合、学年別防具組手試合、及び小学生クラス別形試合と31種目で、3種目にエントリー出来、表彰式では首から3個もメダルをか掛けている選手もいました。
栃木県千唐会事務局 江田和良

IMG_5445.jpg
2大会
4大会
3大会
小学生クラス別(帯色別)形試合
区      分 優  勝 準優勝 3 位 3 位
白帯の部 小 川 裕 大 大 塚 航 希 小野寺 南 桜 原 田   柊
千修館 瑞穂野 今 市 瑞穂野
黄帯の部 大 澤 フミノ 大 塚 智 揮 中 村 陽 菜  山 はづき
大道館 正和塾 正和塾 正和塾
オレンジ帯の部 大 澤 レイラ 蔵 田  仁 西野 慶志 中 田 桜 綺
大道館 直真塾 直真塾 国 本
緑帯の部 関 根 朱 桃 長谷川 南斗 大 塚 竣 太 粂 谷 奈 々
高根沢 正和塾 正和塾 正和塾
茶帯の部 豊 田 花 菜 矢 部 勇 貴 齋 藤 捺 希 宇賀神 奈々
正和塾 正和塾 国 本 大道館
黒帯の部 神 保 佳 奈 相 田 一 帆 山 本 貴 俊
高根沢 大道館 大道館
形試合の部
区      分 優  勝 準優勝 3 位 敢     闘     賞
小学1~2年生の部 大 澤 フミノ 大 塚 智 揮 関 根 そ ら 渡 邉 雄 太
大道館 正和塾 高根沢 直真塾
小学3~4年生の部 中 島 美 夢 大 澤 レイラ 大 石 創 友 中 田 侑 希
国 本 大道館 大道館 国 本
小学5~6年生の部 小 倉 健 斗 松 原 光 佑 豊 田 花 菜 関 根 朱 桃
大道館 瑞穂野 正和塾 高根沢
中学生有級の部 高 野 真 希 磯 田 洋 紀 横 松   龍 簗 嶋 春 奈
春武会 瑞穂野 瑞穂野 千修館
中学生有段の部 宇賀神 皓 紀 高 野 詩 桜 柴 山 理 彩
大道館 春武会 大道館
高校一般有級の部 小 林 真優子 栗 原 友 里 安 井   仁 渡 辺 大 貴
高根沢 上智大 上智大 城西国際
高校一般有段の部 西 村  晃 伊 村   悠 道 田 誠 一 渡 辺 健 介
英道館 大道館 直真塾 上智大
安全具の部
区      分 優  勝 準優勝 3 位 3 位
小学男子1年生の部 渡 邉 雄 太 小 川 裕 大 中村 冬獅朗 小 川 京 祐
直真塾 千修館 正和塾 千修館
小学男子2年生の部 大 塚 智 揮 関 根 そ ら
正和塾 高根沢
小学男子3年生の部 久 和 優 仁 藤 田 創 汰 石 川 鴻之介
大道館 直真塾 大道館
小学男子4年生の部 柳 田 大 暉 大 石 創 友 柳 澤   賢 今 村  翔
大道館 大道館 千修館 直真塾
小学男子5年生の部 齋 藤 柊 太 西 野 慶 志 神 山 司 樹 大 塚 竣 太
瑞穂野 直真塾 今 市 正和塾
小学男子6年生の部 山 本 貴 俊 八木澤 彩 斗 松 原 光 佑 児 玉 尭 仁
大道館 今 市 瑞穂野 結心館
小学女子1年生の部 小野寺 南 桜
今 市
小学女子3年生の部  山 はづき
正和塾
小学女子4年生の部 小野寺 歩 音 神 山 七 海 渡 辺 尚 実
千修館 今 市 高根沢
小学女子5年生の部 神 保 佳 奈 渡 邊 七 彩 豊 田 花 菜 宇賀神 奈々
高根沢 高根沢 正和塾 大道館
小学女子6年生の部 飯 野 百合江 小野寺 奏 乃 中 平 真 尋
今 市 千修館 今 市
中学1年生男子の部 磯 田 洋 紀 豊田 健大朗 手 塚 雅 達 横 松   龍
瑞穂野 正和塾 瑞穂野 瑞穂野
中学23年生男子の部 宇賀神 皓 紀
大道館
中学生女子の部 高 野 詩 桜 高 野 真 希 簗 嶋 春 奈 久 野 愛 莉
春武会 春武会 千修館 千修館
高校生男子の部 関根 直輝
直真塾
一般女子の部 工 藤 美 沙 松 本 真 咲 可 児 亜紀子
上智大 直真塾 直真塾
一般男子有級の部 齋 藤 達 也 名 嘉 佑 馬 渡 辺 大 貴 鈴 木 健 太
城西国際 城西国際 城西国際 城西国際
一般男子有段の部 浦 上 靖 令 渡 辺 健 介 大 瀬   誠
上智大 上智大 上智大
●優秀選手賞 神 保 佳 奈 (高根沢)
◎最優秀選手賞 該当者なし

スポンサーサイト

オーストラリアより本部道場研修

6月31日~7月10日までオーストラリアのマイケル・ヌーナン先生家族と、生徒さん11名が総本部道場に研修に来られました。熊本は梅雨の真っただ中、蒸し暑くてジトジト道場も床が何となくじとーっ・・・・というコンデショんンです。でも朝は6時半から8時半まで午後は5時から10時まで楽しそう・・・に練習されていました。
030.jpg
本部の須先生の横蹴りの指導
076.jpg

045.jpg
総本部の子供たちと練習
011.jpg014.jpg
熊本の名物馬刺しに初挑戦 ”おいしいー”
006.jpg
先生方と一緒
今回の生徒さん方は初めての日本そして熊本です。印象はどう映ったのでしょうか?雨ばかりで観光もおもうようにできなかったようですが皆さんの熱心さには、感心させられました。そのご褒美の様に帰国する2日前には天気も回復し、阿蘇の温泉でゆっくりできたようでした。
最後の午前中の練習後には、本部道場の中庭に「巻き藁」(突きの練習・鍛練用)をみんなで立てていただきました。ついでに庭もきれいにかたずけていただいて、大変ありがたかったです。
071.jpg
総本部研修の様子は、西日本新聞(7/14)に掲載されました。











九州地区審判審査講習会

7月8日(日)益城町総合体育館武道場にて午前9時より、九州地区審判審査の勉強会が開催されました。
梅雨の晴れ間の蒸し暑い中、各道場の生徒さん方にお手伝いして頂きながら、宗家先生より千唐流本来の防具付組手試合をもう一度、どうあるべきかを指導される先生方に考えて頂きたい・・・とのお考えで、今回の講習及び勉強会となりました。40名ほどの先生方が参加され、8月の全国大会の審判にはこの勉強が生かされるよう、熱心に取り組まれていました。
056.jpg
084.jpg
131.jpg
先生方が周りを囲みポイントの取り方、審判のジェスチャーなどの確認
134.jpg
宗家先生より打突の取り方につて指導
159.jpg
参加先生方と、協力いただいた各道場の生徒さん方と

岡山日勝館での合同練習会

平成24年7月1日(日)に、浅口市寄島町公民館(岡山県)において、国際千唐流空手道連盟日勝館本部合同練習が開催されました。
『立ち方や攻撃使用部位、「前進後退」「四方拝」といった基本を学ぶコース』、『基本に加え、「正整」「転身」を1動作ずつ丁寧に確認しながら学ぶコース』の2コースに分かれ、それぞれ充実したコース内容となりました。
「みんなで練習できて、とても楽しかった。」「早速帰ってから復習します。」という感想もあり、とても有意義な合同練習となりました。
また、合同練習終了後には、有段者や指導員によるミーティングをおこない、各支部の近況報告などを中心に情報交換をしました。
20120701093218(1).jpg
20120701093218(30).jpg

8月の全国大会で練習の成果を是非出してください!!総本部事務局より

西日本地区技術講習会・審判審査会開催(大阪)

6月23日・24日と大阪泉佐野市(責任者、西岡大志師範)において、形講習会・審判審査会が開催されました。本部より宗家と宗家長男直幸先生に指導して頂きました。お二人が指導にあたられるのは初めてのことで、参加者もいつもより緊張した面持ちだったようです。第一日目の形講習会・・・・
042.jpg直幸先生指導
016.jpg宗家先生の有段者の指導

練習を終えて041.jpg宗家と大阪地区の相談役霜出時則教士
終了後、宗家より指導者向け稽古を1時間とっていただき、私も
参加いたしました。
私は3月初めに痛めた股関節のこと、稽古不足のこともあり非常
に不安でしたが、フーフー言いながらも何とかついていけました。
特別練習後に宗家の龍山の形、棒の一部の技術を見せていただ
き(特に棒の手首の返しの素晴らしさ)に改めて感服いたしました。
直幸先生がプレッシャーですとおっしゃっていましたが。

翌日の審判講習では(今回はいけるだろうと思っていたものの)い
ざテストになると実践を積んでいないだけに実技面がまだまだ不十
分であり、我ながら情けなく思いました。
何事もそうですが、審判実技も回数重ねないといけないと反省しき
りです。

今回は宗家先生、直幸先生とお話しする時間が多くあり、中身が
濃かった講習会だったと思います。霜出教士先生、西岡師範も同
意見です。
本部の組織運営、事務局運営など課題はいろいろあると思います
が、千唐流の軸がブレルこと無いように本部運営、本部と各支部と
のコミュニケーション作りをより良くしてもらいたいと思います。
(研の会  八木俊雄先生に感想をいただきました。)
2日目審判審査会・・・・・・
044.jpg
ジェスチャーの練習                           
057.jpg
いざ審査の本番です!緊張・・・・
075.jpg
無事2日間の講習を終えて

熱血、関西地区組手審判員大集合!
平成24年6月24日(日)9:30から14:15まで、大阪府泉佐野市立総合体育館で、平成24年度日本千唐会関西地区組手審判講習会・審査会が開かれました。
午前中は、日本千唐会審判部長(宮崎不二男七段教士)副部長(益田安志六段錬士)による学科講習で、内容は組手試合規定の解説と確認でした。
特に、①審判員としての心構え(中立公正の大切さとポジショニング)②防具付組手におけるポイントのとり方、特に上段攻撃③得点の基準、特に残心④アゲインスインキング(再考)の考え方、その意味と判断の基準等について重点が置かれた講習でした。参加者は、錬士・師範等を含む9名でしたが、実に熱気・活気に溢れ、関西地区また霜出師範の下、大阪府本部千唐会の意気込みが伝わりました。学科試験でも、全員80点以上という高得点で、事前学習の充実が見事な結果に繋がりました。午後は、上記2名に豊留幹夫審査員(六段錬士)を加えた3名で、審判実技指導と審査を行いました。実技指導では、受験者全員の強い吸収意欲・旺盛な向上心に応えるべく、微に入り細に入った直接指導が行われ、技術の向上が図られました。特に、①形を演じるような、スピード感に溢れ切れと極めのあるジェスチャー②アゲインスインキングの適切な運用③言語と動作の一致などに力点を置いた講習になりました。講習会では全員確実な向上が見られましたが、審査会では緊張からか練習時の落ち着いた審判がむずかしかったようです。しかし、昨年度に比べ、全員の方が上達されていることは、全審査員の認めるところでした。関西地区講習会に参加された皆様、本当にお疲れ様でした。関西地区千唐会の、今後益々の発展をお祈りいたします。日本千唐会審判部長(宮崎不二男七段教士)記



nisinihonn

月別アーカイブ

ブログ内検索

携帯用千唐流ブログ

携帯電話からもご覧になれます。
各種携帯からも千唐流ブログをご覧になれます。携帯でご覧になるには、上記QRコードをご利用下さい。

各種携帯からも千唐流ブログをご覧になれます。携帯でご覧になるには、上記QRコードをご利用下さい。
千唐流ブログ
総本部事務局から多彩な情報をお届けします。

総本部事務局

Author:総本部事務局
総本部事務局から多彩な情報をお届けします。

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
来訪者
2010年4月11日カウント開始
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
オンライン中
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。