スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ!

4月から宗家杯応援ブログとして掲載していましたDragon’sBox は
終了しました。
担当頂いた仲村師範ありがとうございました。
千唐流ブログは、再び総本部事務局からの発信になります。

仲村師範が新しくブログを始めましたのでご案内致します。
Dragon’sBox ~第2章~




↓人気ランキング参加中、クリックするとこのブログの順位が出ます。 
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村
ありがとう☆☆
スポンサーサイト

宗家杯~ラストです~

笑顔2

4月から担当しましたこのブログもようやく最後のページになりました。
当初、宗家杯の総合プロデューサーとして、大会に役立つことは何でもやってやれってことでスタートしました。
ちゃんと最後まで書き続けられるか?なんて考えたこともありますが、自分で決めた期限をオーバーしても書いてしまいました。

宗家杯には全力で取り組ませていただきました。おかげでいい夏の思い出ができました。
海外からも参加する大きなイベントでしたから、途中色々なことがありました。今となれば笑い話ですが、「もう、辞めた(`ヘ´)」ってこともあったんです。それでも最後まで走り続けることができたのは、協力いただいたスタッフのみなさんと特に玉城会長、箕輪先生の頑張る姿、宗家先生の励ましがあったからです。

宗家杯に関わるうえで自分独自のテーマを決めていました。
「参加した子供たちに感動を与えることが俺の使命だ」って思っていました。動きながらいつもそう思っていました。その思いがなければ6月に開業したお店とは並行して頑張り通せなかったでしょう。

ある時その思いを突き詰めてみると、カナダのロバート先生に行き当たりました。私にとっての「宗家杯」の原点は、20年前、バンクーバーで開催された大会に参加したときに受けた感動にあります。
初めての海外、ホームステイ、カナダの兄として面倒みてくれたロバート先生とその仲間のおもてなし。
彼等から得た最大の財産は「見返りを期待しない優しさ」でした。
その後ずっと今でも影響受けている教えです。

私は、20年前に受けた恩を返したくって必死に宗家杯の成功を目指したんだなぁって思いました。彼の生徒を感動させたかったし、日本人は優しいって思って欲しかったんです。

rob.jpg

でも、彼は恩返しなんか期待してなくって今回もまたたくさんの優しさを生徒と一緒に私にくれて、カナダに帰っていきました。

人生における人との係わり方を考えれば、空手もその一手段にすぎません。しかし、空手によってそれを掘り下げるなら、空手の価値も重みを増すでしょう。

4か月半、お付き合いいただきましてありがとうございました。

最後に、このブログを通じて私が伝えたかったこと。
それは『人が人を想う心の大切さ』です。
そして後輩たちよ、強くなれ!強くなれ!強くなれ!
                                     
仲村                                 
                                    

宗家杯~祭りのあと⑦~

宗家杯の開催から2週間が過ぎました。
大会後は、なんとなく気が抜けてしまってました。もうそんなこと言ってられません。頭を切り替えて次のチャレンジに向かう準備をしなければ。

本当は宗家杯で経験したこと、感動したこともっともっと書きたかったのですが、ここら辺で区切りをつけたいと思います。いっぱい頑張ったのにここに登場させられなかった人、ごめんなさい。

それにしても今回初めてやってみたのですが、ブログって不思議ですね。誰に向けてというでなく、でも伝えたい思いはあって、それを書いてたら、ちゃんと届いてて。

大会会場で、今村先生のご家族にお会いすることができました。お礼を言われて、あの時は書いた方がいいのかどうか迷ったんですが、書いて良かったなぁって。気持ちが通じて、心がじーんって不思議な感じでした。

個人組手で優勝した村上君に「ブログ読んでます」って言われて、それだけでもうこいついいやつだなぁって思ったり(笑)

ファーストドラゴンに来てくれた東京の直真塾の生徒さんともブログのことで話しが弾んで「あの内容が良かったです」とか、楽しくなりました。

ロシアにいた頃、現地の人たちとすごくいい関係を構築できて今でも仲良しでいます。何でそれができたのだろうって考えたことがあるんです。
あの頃は、よく自分の考えを周りの人に話してたなぁって思いました。
正直に照れることなく真面目に思いを伝えてたなぁって。
だからこのブログも同じような姿勢で向き合ってきました。

次の更新で最後になりそうです。

IMG_9074.jpg


宗家杯~祭りのあと⑥~

私が選んだベストバウト(最高の試合)!
siai (3)

大会のハイライト、団体組手では佐々木監督率いる日本選抜チームが優勝し、空手母国日本の面子を保ってくれました。
それにしても日本チーム強かったですね。強すぎて全試合においてヒヤヒヤしなかったではないか(笑)

その日本チームを引っぱった主役が“濱田隼人”と“村上正和”。
そしてこの二人は個人組手決勝の覇を競ったライバルでもありました。

宗家杯において、私が選んだベストバウトがこの両雄の個人組手の決勝戦です。すばらしい内容でした!
二人とも決勝に勝ち上がるまでの試合が良かったから、当然その戦いには期待が高まりました。
私、濱田君(琉武塾)はよく知っていたけれど、村上君のことはあまり知らなかったんです。しかし、途中色々見ていた試合の中で、段違いに強くていい組手するなって注目した選手がいて、それが村上君でした。

siai.jpg

久しぶりにワクワクしながら、コートの近くまで寄って行って試合を観戦しました。
試合始め!で睨みあう二人。すぐには動かない。
気持ちのぶつかり合い、間のせめぎ合い、そんな攻防があっていざ動いたら電光石火。飛び込む身体と同時に交差する上段突き。
容赦のない攻撃と緊張感でバチバチと火花が散る中、静と動の武道的美学が見てとれた本当にいい試合でした。

そして勝負が決まり、礼をした後、勝利した村上君が濱田君に寄っていって両手を握りしめました。後で知ったんですが、この二人学生時代からの先輩・後輩の関係らしいんです。
siai (2)

元々、男の友情とか好きで映画でもそんなシーンがあるとすぐに涙してしまう私は、この光景に胸を打たれました。歴史は繰り返すではないが、田中先輩と自分、そして後輩の佐々木君と同じようなことがあったなぁなんて思いながら、こっそりステージの裏で感動の涙を拭いました。

海外の選手にも手本になるような、いい試合見せてくれた二人には心から「ありがとう!」です。


↓人気ランキング参加中、クリックするとこのブログの順位が出ます。 
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村
ありがとう☆☆

宗家杯~祭りのあと⑤~

tamaki_20100821124137.jpg

照明を浴びる表舞台が試合会場とすれば、舞台裏は宗家杯実行委員会と称した運営スタッフの動きになるでしょう。今回、本格的に舞台裏に徹してみてその労力の大きさは、選手が試合に懸けるエネルギーに匹敵、いやそれ以上のものだと感じました。

そんな舞台裏にも宗家杯(裏の宗家杯になるかな)をプレゼントしたい人物がいます。
大会会長を務めた「玉城盛光」です。

ずっと身近で見ていましたが、宗家杯開催に向けてよく動かれました。
会長職という運営のトップとして一番汗を流していました。
また本人はもとよりご家族全員を動員して大会準備にあたられました。
特筆すべきは御嬢さんの濱田美香子さん。本大会ですばらしいアナウンスを務めながら試合にも出場し、個人形で優勝。
所属する琉武塾(玉城塾長)は、団体形で優勝。玉城克巳君も個人形で入賞するなど生徒さんもたくさんのメダルを獲得しました。

tamakis_20100821124147.jpg ryubu.jpg


玉城会長の素晴らしさは、誰よりも一心に千唐流を愛している、その姿勢にあります。その思いが伝わるからこそ周りの人も動きます。
かく言う私もそうです。今年3月の終わり頃、もう全力で宗家杯の準備に取り組まなければならない時期、総本部で会うたびに痩せて行く玉城会長の姿がありました。宗家杯準備に係る心労と業務でヘトヘトにやつれていました。その頃は、宗家杯開催に関してはマイナス要因ばかりだったのです。玉城会長はそんな不安と必死に戦っているように見えました。
大変なはずなのに決して弱音を吐かず、常に笑顔で接してくれました。
謙虚に誰の話しにも耳を傾けます。
その姿を見て、私はこの人が任期中に開催される宗家杯は何としても成功させなければならないって思いました。

「竜一さん、腹を据えて本気でやりましょう!」そう言って玉城会長に両手を握り締められた時に私の中で「プロジェクト宗家杯」は本格的に始動したように思います。
宗家杯は、決して一人の力でできることではありませんでした。
しかし、一人の燃える情熱があったからこそ多くの人が動いたのだと思います。

大会終了後、カナダのロバート先生の生徒達は明日帰るという夜もFirstDragonを訪れてくれ一緒に時を過ごしました。 玉城会長も駆けつけました。
最終日ですから何時になっても帰ろうとしません。時計の針が3時を回ってようやく解散になりました。彼らを福岡空港まで見送るために、玉城会長と私が宿泊先のホテルに集まったのは5時40分です。そこから互いに車を運転して空港まで送り届けました。

玉城会長は、宗家杯のコンセプトとして「心の交流」をかかげました。
そしてその思いを最後まで全うする姿は、千唐流の仲間として誇らしいものでした。


↓人気ランキング参加中、クリックするとこのブログの順位が出ます。 
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村
ありがとう☆☆

月別アーカイブ

ブログ内検索

携帯用千唐流ブログ

携帯電話からもご覧になれます。
各種携帯からも千唐流ブログをご覧になれます。携帯でご覧になるには、上記QRコードをご利用下さい。

各種携帯からも千唐流ブログをご覧になれます。携帯でご覧になるには、上記QRコードをご利用下さい。
千唐流ブログ
総本部事務局から多彩な情報をお届けします。

総本部事務局

Author:総本部事務局
総本部事務局から多彩な情報をお届けします。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
来訪者
2010年4月11日カウント開始
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
オンライン中
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。